Z世代の代表 作品紹介

一号とRYANAがZ世代ならではの視点でさまざまな作品を紹介します。

SF

実録!あるZ世代のお金の使い方 Z世代の代表はどんな趣味をもっているの?

(こんにちは!Z世代の代表です。もうすっかり秋ですね。 9月も終わって、気候も丁度いいといったところ。着かぬ間にももうとうとしてしまうくらいのんびりとした陽気。 そんな朗らかなお天気のなか、わたしは電車の中のモニターで、ある情報を目にしました…

『賛否両論『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の問題 個人的には楽しめたけど・・・』

『ジュラシックワールド 新たなる支配者』。英題だとdominion。 『ジュラシックパーク』シリーズの最新作で一応完結編ということになっているみたいです。 ジュラシック・ワールド (字幕版) クリス・プラット Amazon ちょっと前に公開されていて割と賛否両論…

『文化のルーツとしての美少女ゲームと「開き直り」『ランスシリーズ』の分析(1)』

ヴィジュアルノベル、美少女ゲーム。 簡単に言えばエロゲーの話をしたい。 エロゲーと聞くと多くのひとは戸惑い、そしてアダルトビデオや成年向きコミックのゲームバージョンだと思うことだろう。 もちろんその指摘は完全には間違ってはいないし、いわゆるポ…

『私には戦争がわからない。』

8月15日。 今日は言わずと知れた終戦記念日である。 終戦から今年で77年。つまり当時を覚えている人はもう80代をゆうに超え、男性の平均寿命とほぼ同じということになる。 とはいえ「戦争」という特権的な意味を持つ単語は私たちの中で、いまだに使い続けら…

☆☆☆発熱文庫☆☆☆

数年前の話。 珍しくツタヤでDVDを借りた。大学から帰って来たのでテレビで見ることにする。 借りたタイトルはコレ。 惑星ソラリス Blu-ray ナタリア・ボンダルチュク Amazon 『惑星ソラリス』 1970年代のソ連映画で、あのアンドレイ・タルコフスキー。 2部…

7月に書いた記事 断念した記事

(こんち! 7月も終わり。 もうわたしがブログを始めてもう2か月になっちゃいました。 というわけで今月も書いた記事をなんとなく振り帰ってみよう!!! gzdaihyoryana.hatenablog.com バズ! 話題作なのでバズることを期待して書いた! 狙い通り結構アクセ…

『令和最新アニメ『うたわれるもの』シリーズのススメ。なろうの原点?』

2022年7月から放送中のTVアニメ『うたわれるもの 二人の白皇』 私は毎週楽しみに見ているのだが、『うたわれ』3部作の最終章であるし、なんと28話も放送されるとのことで、いままで『うたわれ』に触れてこなかった人にとってはハードルが高いようにも感じる…

『ツツイストが送る。筒井康隆! 初心者向け筒井康隆をご紹介します。』

筒井康隆という作家を知っているだろうか。 作家名を知らずとも作品名はおそらく聞いたことがあるのではないかと思う。 ドラマやアニメで有名な『時をかける少女』は筒井康隆のものであるし、今敏監督の遺作である『パプリカ』や幾度もドラマ化されている『…

☆☆☆【ネタバレなし】いろいろと話題の『バズ・ライトイヤー』を見てみたよ。☆☆☆

『バズ・ライトイヤー』見てきました。 ピクサーの最新作。 しかも『トイ・ストーリー』のスピンオフ! これは見に行くしかないということで劇場へ。 Lightyear (2022) Watch Online Streaming 作者:Lightyear 2022 Movie Lightyear 2022 Movie Amazon 結論…

一か月ブログを更新してみて 7月は『うる星やつら』をやろうかな

6月という季節が終わるようだ。 そしてそれは私ことZ世代の代表RYANAがブログを始めてもう一か月近く経つということだ。 文章を書く練習と振り切って、私の趣味全開な記事を乱発してみたが、思いのほか見てくれる人が多いようでびっくりである。 ネットに何…

『「六月二十四日は、全世界的に、UFOの日だ。」UFOにまつわる作品『幼年期の終わり』『第9地区』『スター☆トゥインクルプリキュア』など』

『幼年期の終わり』『第九地区』『イリヤの空UFOの夏』UFOについての作品をご紹介。

『イリヤの空UFOの夏』 夏が終わるということ ※ネタバレあり

UFOの日前日なので『イリヤの空UFOの夏』についての感想。および分析です。

『電波ゆんゆん?電波系作品の手引き。これで君も毒電波使いだ!』

電波系についてならまずはこんな感じで。 「告発を行います。警告を行います。 現在、日本は、極悪非道最凶外星人によって、猛毒電波の、大量照射による洗脳が行われています。猛毒電波は、脳細胞、並びにニューロンを、破壊します。外星人の照射によって、…

FacebookがMetaに変わる時 現実を見失った我々はいかに生きるべきなのか。(2)

2.デジタルからメタへ リアリティの在りかを求めて gzdaihyoryana.hatenablog.com 「デジタル庁は、デジタル社会形成の司令塔として、未来志向のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を大胆に推進し、デジタル時代の官民のインフラを今後5年で一気呵…

FacebookがMetaに変わる時 現実を見失った我々はいかに生きるべきなのか。(1)

インターネットの世界を牛耳るGAFAという企業群がある(あった)のはみなさんご存じの通りだろう。世界の時価総額の上位を独占し、最先端の技術をもつ会社たちだ。その中でも世界の新興SNS会社を育つ前に買収しまくり、世界中の個人情報を手に入れたFacebook…