Z世代の代表 作品紹介

一号とRYANAがZ世代ならではの視点でさまざまな作品を紹介します。

映画

☆☆☆今年最も売れた映画(になる予定)『バービー』は大傑作でした☆☆☆

Hi Barbie!! お久しぶり。一号です。 夏も終わりという今日この頃ですが、今年の夏の映画は大作ぞろいでしたね~ 6月には『リトルマーメイド』、『インディ・ジョーンズ』『ミッションインポッシブル』から『マイ・エレメント』 そしてなんといっても大本…

☆☆☆(映画監督界のガーシー)作品とクリエイターは分けて考えるべきか?性犯罪、国外逃亡しながらアカデミー賞を獲得したポランスキー監督について☆☆☆

「性犯罪者の撮った歴史的に価値のあるアカデミー賞作品」 2003年3月23日。 イラク戦争が始まった直後に行われた第75回アカデミー賞では、ホロコースト下のワルシャワを描いた映画『戦場のピアニスト』が作品賞を含む7部門にノミネートされ、うち監督賞、脚…

☆☆☆賛否両論!『バビロン』絢爛たるハリウッドスターたちの栄枯盛衰☆☆☆

こんにちはZ世代の代表一号です。 今回はデイミアン・チャゼル監督の『バビロン』を鑑賞してきました~♪ Babylon アーティスト:Justin Hurwitz Interscope Records Amazon 『セッション』や『ラ・ラ・ランド』などで有名なチャゼル監督。 わたしも『ラ・ラ・…

『ぼっち・ざ・ろっく!』ファンにおすすめ!サイコーにロックな作品

みなさん『ぼっち・ざ・ろっく!』はもうご覧になりました? 去年の12月に最終話を迎えた本作ですが、全国の楽器店から作中で使用されたモデルが売切れたり、なんとニュース番組で社会現象として取り上げられたり、人気の勢いは留まることを知りませんね。 w…

『謹賀新年 今年はカブトガニ年!!『キラーカブトガニ』みたよ』

干支ってアジア圏なら大抵あるものなのですけれど、国によっては兎の代わりに猫が入ってたりするそうです。 とはいえ日本ではなぜか今年は兎年。 兎ってかわいいイメージありますけれど、表情がなくてあんまりかわいいと思ったことありません。 ということで…

2022年:ベスト作品

(2022年ももうおしまいとのことで、今回は今年どんな作品が良かったか振り帰っちゃいましょう) 『2022年振り返りダイアログ』 Z世代の代表の忘年会 RY「今年もおしまいだそうで」 一号「世間的には年末だって話だけど、わたしにはどうだっていいかな。だっ…

☆☆☆アバター:ウェイ・オブ・ザ・ウォーター攻略法 お手洗いにはいつ行けばいいのか☆☆☆

『アバター』の新作を見てきました。 www.youtube.com とにかく映像、映像、映像。 って感じ。 映像は今まで見てきた映画のレベルをはるかに超え、CG技術もついにここまで来たのかと感激すること間違いなしです。 映画館で見ていると、パンドラ(星の名前)…

『W杯日本代表ベスト8を祈願!!『不安 ペナルティキックを受けるゴールキーパーの……』ノーベル文学賞作品を紹介』

(本当にすげえです。わたしはオリンピックと世界陸上と世界水泳とアジア大会とそしてW杯は基本見る、スポーツ大会スーパーエンジョイ勢なんですけど、その中でも日本対スペインは最も感激した試合の一つになりました。今日はクロアチア戦、ぜひ打ち破ってベ…

『世界を破滅させたいという願い 世界を破壊する作品たち ゴジラから天気の子まで』

こどもじみた考えである。 非倫理的で不謹慎な、道徳的に許されない想いである。 だが我々がうっすらと自覚している願い。自殺とも自己嫌悪とも違う不愉快な破滅願望。 破壊衝動。 全人類に対する良心の自由に保障された殺害予告。 エゴイスティックな、とは…

『うる星やつらと平成 うる星の遺伝子は受け継がれた。』

『うる星やつら』ほどモダンな作品はあるのだろうか。 うる星やつら〔新装版〕(34) (少年サンデーコミックス) 作者:高橋留美子 小学館 Amazon もちろん影響力だとか、オリジナリティなんてものは数値化することができないので、結局は主観に頼らざるを得…

『うる星やつら入門。うる星って何から見ればいいのというひとに向けて』

おっはよ~うち、Z世代の代表、RYANAだっちゃ!! www.youtube.com 本日から令和最新アニメ『うる星やつら』が放送開始します。 実は私は『うる星やつら』の大ファンなのです。 *1 『うる星やつら』はアニメ史上で最も重要な作品の一つ。 「せっかくリメイク…

『賛否両論『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の問題 個人的には楽しめたけど・・・』

『ジュラシックワールド 新たなる支配者』。英題だとdominion。 『ジュラシックパーク』シリーズの最新作で一応完結編ということになっているみたいです。 ジュラシック・ワールド (字幕版) クリス・プラット Amazon ちょっと前に公開されていて割と賛否両論…

『文化のルーツとしての美少女ゲームと「開き直り」『ランスシリーズ』の分析(1)』

ヴィジュアルノベル、美少女ゲーム。 簡単に言えばエロゲーの話をしたい。 エロゲーと聞くと多くのひとは戸惑い、そしてアダルトビデオや成年向きコミックのゲームバージョンだと思うことだろう。 もちろんその指摘は完全には間違ってはいないし、いわゆるポ…

『私には戦争がわからない。』

8月15日。 今日は言わずと知れた終戦記念日である。 終戦から今年で77年。つまり当時を覚えている人はもう80代をゆうに超え、男性の平均寿命とほぼ同じということになる。 とはいえ「戦争」という特権的な意味を持つ単語は私たちの中で、いまだに使い続けら…

☆☆☆発熱文庫☆☆☆

数年前の話。 珍しくツタヤでDVDを借りた。大学から帰って来たのでテレビで見ることにする。 借りたタイトルはコレ。 惑星ソラリス Blu-ray ナタリア・ボンダルチュク Amazon 『惑星ソラリス』 1970年代のソ連映画で、あのアンドレイ・タルコフスキー。 2部…

7月に書いた記事 断念した記事

(こんち! 7月も終わり。 もうわたしがブログを始めてもう2か月になっちゃいました。 というわけで今月も書いた記事をなんとなく振り帰ってみよう!!! gzdaihyoryana.hatenablog.com バズ! 話題作なのでバズることを期待して書いた! 狙い通り結構アクセ…

『Z世代の代表RYANAが『うる星やつら』を語るということ』(0)

今週のお題「SFといえば」から『うる星やつら』 うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー [DVD] 平野文 Amazon (映画やアニメという枠でなくわたしが最も好きな作品) インターネットで話題になったものなのだろう。ある漫画の台詞でこのようなものがある…

☆☆☆トム・クルーズの闇?カルト宗教と呼ばれる「サイエントロジー」についてのドキュメンタリーを見てみたよ。☆☆☆

こんにちは。一号です。 今回はわたしの担当二回目ですね。 トップガン (字幕版) トム・クルーズ Amazon ところで皆さん『トップ・ガン マーヴェリック』見ました? 日本で超大ヒットを更新中の『マーヴェリック』は、世界的にも大ヒット中です。 アメリカで…

『思想なき暗殺と表現というテロリズム 『タクシードライバー』から考える』

『タクシードライバー』という映画がある。 私は最初この映画をリュック・ベッソンの『TAXi』シリーズのようなアクション映画だと思っていたが、全く異なるものだ。 TAXi(字幕版) サミー・ナセリ Amazon 監督はあのスコセッシ。 そして主演にロバート・デ・…

☆☆☆【ネタバレなし】いろいろと話題の『バズ・ライトイヤー』を見てみたよ。☆☆☆

『バズ・ライトイヤー』見てきました。 ピクサーの最新作。 しかも『トイ・ストーリー』のスピンオフ! これは見に行くしかないということで劇場へ。 Lightyear (2022) Watch Online Streaming 作者:Lightyear 2022 Movie Lightyear 2022 Movie Amazon 結論…

一か月ブログを更新してみて 7月は『うる星やつら』をやろうかな

6月という季節が終わるようだ。 そしてそれは私ことZ世代の代表RYANAがブログを始めてもう一か月近く経つということだ。 文章を書く練習と振り切って、私の趣味全開な記事を乱発してみたが、思いのほか見てくれる人が多いようでびっくりである。 ネットに何…

『アタック・オブ・ザ・キラートマト』と『気狂いピエロ』を見た人。

最近ある映画を見た。 古い映画で40年以上前の物だろう。ただ映画の題名がわからなくなってしまったのだ。 この映画がフランスの物だったか、アメリカの物だったか正確には覚えていない。 ただどちらも難解な映画だったことは確かだ。 特に脚本は不条理とい…

『ロリータという幻想、フランス・ギャルから『レオン』 20世紀中盤以降のファム・ファタル(3)』

世界で最もセンセーショナルな少女、ロリータ。 ロリータという言葉は日本においては無垢な少女やロココ風のフリフリの可愛い衣装を指すことも多いが、本来のロリータにそのような意味はない。 早熟で大人の男を魅惑するファム・ファタルというイメージが世…

『「六月二十四日は、全世界的に、UFOの日だ。」UFOにまつわる作品『幼年期の終わり』『第9地区』『スター☆トゥインクルプリキュア』など』

『幼年期の終わり』『第九地区』『イリヤの空UFOの夏』UFOについての作品をご紹介。

『壱百満天原サロメの元ネタ?オスカー・ワイルドの『サロメ』とファム・ファタル達をご紹介いたしますわ 『サロメ』 『カルメン』 『ロリータ』 (1)』

(咳払い) (咳払い) 皆様~ W・X・Y・Z世代の代表! RYANAでございますわ~ 今日はサロメ嬢にあやかって、『サロメ』とルー・アンドレアス・ザロメを紹介させていただきますわ~ www.nijisanji.jp (めっちゃトークがうまい。テンポがいい。ボケも冴えて…

百合初心者による、百合初心者のための、百合ガイド

みなさんごきげんよう。 今回はなんとなくそんな気分ですから、百合こころもとない方向けの記事を執筆したいと思いますわ。 (山手言葉はリアルじゃほとんど絶滅していますね。ネイティブじゃないのでこんな素敵なツールで自動翻訳しましたわ。) https://ww…

FacebookがMetaに変わる時 現実を見失った我々はいかに生きるべきなのか。(2)

2.デジタルからメタへ リアリティの在りかを求めて gzdaihyoryana.hatenablog.com 「デジタル庁は、デジタル社会形成の司令塔として、未来志向のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を大胆に推進し、デジタル時代の官民のインフラを今後5年で一気呵…

FacebookがMetaに変わる時 現実を見失った我々はいかに生きるべきなのか。(1)

インターネットの世界を牛耳るGAFAという企業群がある(あった)のはみなさんご存じの通りだろう。世界の時価総額の上位を独占し、最先端の技術をもつ会社たちだ。その中でも世界の新興SNS会社を育つ前に買収しまくり、世界中の個人情報を手に入れたFacebook…

【ネタバレなし】『トップガン マーヴェリック』 時代遅れ?それでも・・・

『トップガン マーヴェリック』を見てきた。評判通りの傑作。久々の快作。 というわけで流行りに便乗して『トップガン マーヴェリック』の紹介をする というワケで本文なんだが。 80sが好きな人、アクション映画が好きな人、トム・クルーズが好きな人、飛行…